肩こり、腰痛 施術を受けられたお客様の声 福島の整体の店 和み

tel024-502-9783
営業時間:平日 10:00~19:00
※土日は18:00まで

日記・お知らせ

  • 今日は体温と免疫について、ちょっとだけお話しさせていただきます

     

    女性は男性に比べると筋肉の量が少ないので、すぐ冷えてしまい低体温になりやすくなります
    体温が低くなると血流が悪くなり、肩こりや腰痛の原因になるだけではなく免疫力も低下すると知っていましたか?

    免疫学者の阿保徹先生の「体温免疫力」という本に、「体温を+4度上げると免疫力が上がる」という記述を見つけ自分と当てはめてみた時に、20代の時には凄い冷え性で寝てても足が冷たくなって起きることが度々あったことを思い出しました。
    当時は風邪をひいていつまでも治らないことがよくありましたが、現在は冷えることが少なくなって風邪もひきにくくなっています。

    20代のころとの違いは若干肉付きが良くなったかな❓と思いますが、筋肉の量によっても体温や血流の違いがあるらしいので、今の体重がベストなのでしょうね

    私は体重が増えて冷え症がなおりましたが、必ずしもそうとはかぎりませんよね

     

    他に体を温める方法としてはゆっくりお風呂に入る、体を温める食材をとる、運動をするなどなどあると思いますが、ご自分のライフスタイルにあった温め方を探して、楽しみながら免疫力を高めてみてはいかがでしょうか

     

     

     

  • 日ごとに寒くなってきています。
    前回、体の中から温めることについて書きましたが、今回は体を温める食材の簡単な見分け方について書いていきたいと思います。

    大きく分けると「土の中で育つ野菜」「秋冬の野菜」「発酵食品」などに分けられます。


    土の中で育つ野菜
     人参🥕、ゴボウ、レンコン、玉ねぎ🧅、ジャガイモ🥔、自然薯など

    秋冬の野菜
     栗🌰、長ネギなど

    発酵食品
     納豆、味噌、キムチ、烏龍茶、紅茶など

    その他には、牛肉🥩、羊肉、牡蠣🥩、ニンニク🧄、唐辛子🌶、生姜などもあります。

    飲み物
     紅茶、プーアル茶、烏龍茶、ごぼう茶、タンポポ茶、ココア、生姜湯、生姜紅茶、ワイン、日本酒など


    逆に体を冷やす食べ物は、「夏の野菜」「柑橘類」「土の上で育つ野菜」「水分の多い果物」などになり
    飲み物ではコーヒー☕が該当します。

     

    冷え症の方や低体温の方などは、寒い日の献立を考える時に取り入れてみてはいかがでしょうか。

     

     

     

  • 泣きたいほど、肩コリがひどかったのですが、

    30分の施術でもとても良くなりました。

    術後にも説明がありとても親切でした。

     50代 女性

  • あっ!😲と言う間にすっかり秋の気候になってきました

    今朝の情報番組を見ていたら「彼岸花(曼珠沙華)」の話題がでていて、なんと全国各地での呼び名が1000通り近くあるらしいです。

     

    きれいな呼び名は「天蓋花(てんがいばな)」「狐の松明(きつねのたいまつ)」「狐のかんざし」「剃刀花(かみそりばな)」なんとも幻想的な名前ですね~😆

    反対に昔から墓地などに植えられていることが多いので「死人花(しびとばな)」「幽霊花(ゆうれいばな)」「地獄花(じごくばな)」などと怖い呼び名もあるようです🥶もっとも怖いところでは毒を持っているので「毒花(どくばな)」「痺れ花(しびればな)」な~んて呼ばれてもいるそうです

    お墓の周りに毒のある彼岸花を植えるようになったのは、昔の埋葬は土葬だったのでモグラやねずみから守るためらしいです。

     

    きれいな名前から怖い名前までいろいろあるようですが、やっぱり一番しっくりくるのは秋彼岸の時期に開花するので「彼岸花」ですね😃

    花の色も赤の他に白や黄色もあるそうですが、一面の赤い彼岸花が一番きれいだと思うのは私だけでしょうか

  • 初めてのマタニティーマッサージを受けました。

    足のむくみと左腰の痛みが特に気になりお願いしましたが、終わった後はすぐに効果がわかるくらいスッキリしました。

    また来たいと思います。