ページがありません

tel024-502-9783
営業時間:平日 10:00~19:00
※土日は18:00まで

日記/お知らせ

  • 日記/お知らせ 2021年3月22日

    今年は、黄砂が多く鼻水🤧が止まらず目が痒くなり、私もはじめて黄砂アレルギーなのを知りました。

    朝起きたら車が黄色くなっていたり…

    そこで今回は、いまいち知らなかった黄砂やPM2.5について調べてみました。


     黄砂(PM2.5)ってなに?

      黄砂は、中国の砂漠から強風によって砂の粒子が飛ばされる現象の事を言います。特に3~5月に多くなります。
     アレルギー反応を起こしている人は、黄砂事態ではなくその中に含まれる砂の金属粒子、微生物やその死骸、化学物質などに反応していると言われいます。

      PM2.5は、良く黄砂と共に報道されますよねそれは、
     黄砂が飛来するまでの間に工業地帯や都心部の排ガスや化学物質を巻き込み
     さらに黄砂よりも粒子が小さいため遠くまで飛び見えにくいのが特徴です。

     

     症状は、どんなものがあるの?

      花粉症の症状とほぼ同じですが、粒子が花粉より細かいため肺などに入り重症になることもあるそうです。

     症状が似ている為、花粉症だとおもい込んでいる人もいるそうです。
     しかし、粒子が細かいため花粉用のマスク😷では対応できておらず「マスクをしているのに症状がでる」と言うこともあるそうです。

     

     治療法・対策は?

     治療法は、ないらしく症状を抑える薬があるだけです。

     対策は、マスク😷メガネ👓うがいが重要になってきます
     マスクは、目の細かいPM2.5用やインフルエンザ用のマスクを使用してください

     空気清浄機も効果があります

     鼻うがいもオススメです
     鼻うがいは、花粉症の人にもおすすめで鼻水🤧が酷い人には、効果があります


     調べてみると花粉症も黄砂も似たようなものです。
     特にPM2.5は、人間がまき散らしている物が多いので環境の事を考えて生活することが大切ですね!

  • 日記/お知らせ 2020年3月16日

    いま ちまたでは、新型コロナウイルスが騒がれています。

    外に出るだけでも皆さん疑心暗鬼になっているのではないでしょうか?

    マスクをしていたとしても特に気になるのが咳やくしゃみだと思います。
    花粉症の方やぜんそくの方は、くしゃみをするだけで周りからは白い目で見られることも…

     

     そんな方々に今回は、花粉症マークを紹介したいと思います

     花粉症マークとは、身の回りに「花粉症(ぜんそく)なのでうつりません」のコメントがあるバッチやしるしを身に着けておくことで新型コロナウイルスではありませんとアピールするものになります。

     今では、フリマサイトや雑貨店などでも売られており 缶バッチタイプ や はんこタイプ でマスクにスタンプするような物まであります。

     

     いつまで、新型コロナウイルスが続くのかわかりませんが、そのせいで肩身の狭い思いをしないようにして頂ければと思います。

  • 日記/お知らせ 2020年3月9日

    現在、コロナウイルスの影響でどこの薬局やドラックストアへ行ってもマスクが無い状況が続いています
    そんな中、そのマスク不足を補うためにある縫製会社さんが布製のマスクを製造販売を始めた、と言う記事を見ました

    お客様の中でも「マスクが買えないのでガーゼを使ってマスクを作ります」と話されている方もいたので調べてみたら、お子様用にかわいい物から大人向けのちょっとおしゃれな立体的な物まで、生地を変えるだけで楽しく作れそうですね

     

    簡単な作り方

    材料・・・Wガーゼのハンカチ・ハンドタオルなど
         縫い糸
         マスク用ゴム

    まずはマスクの大きさに折りたたみます
    折りたたみ方はハンカチの大きさにもよりますが、縦は三等分ぐらいで余分な所は端を折り込み調整します
    その際に布端は中央ではなく端に寄せるようにしてください
    合わせ目の部分は手縫いでまつり縫いにすると引っかからないで良いと思います
    横は顔幅に合わせてこちらも三つ折りにしますが、片側の布端が布の折目から1.5㎝ほど内側になるようにしてください
    アイロンでしっかり折目をつけたら横部分を2~1.5㎝ぐらいの所をミシンか手縫いで縫って最後にその部分にゴムを通して出来上がりです

     

    型紙のなしで作る方法を書いてみましたが、いい加減すぎて分かりづらいかと思います
    分かりやすくいろいろなマスクの形を紹介しているサイトを見つけましたので参考にして下さい

     

    布マスクでも十分、花粉やウィルスを防ぐ効果はあるそうですので、手作りマスクでおしゃれに楽しんでみてはいかがでしょう

         

  • 日記/お知らせ 2019年3月11日

    梅の花が咲き始めだいぶ春めいてはきましたが
    まだ、朝晩の気温が低いので冷えや肩こり等を感じる人が多いのではないでしょうか。

    そんな時は、ご自分でも簡単に作れる”あずきカイロ”をオススメします。

    ”あずきカイロ”は温めると蒸しタオルと同じ”温熱”が20分~30分程度持続
    しますので、
    まるでお風呂に浸かってようなじんわりとしみこむ温かさがあります。

     

    あずきカイロの効果

    冷え性肩こりなどの血行障害の予防と改善
    ドライアイ眼精疲労の回復
    ・温熱効果で炎症を抑える効果もあるそうなので、花粉症などの鼻詰まり解消にも効果あり

    上記以外にも自律神経の調整デトックス促進などの効果もみられ
    良いことがいっぱいです。

     

    あずきカイロの作り方

     レンジで温める為、とけないように綿100%の布地を使用してください。
     ご自分の作りたい大きさの袋を作り中にあずきを適宜入れ、入れ口を縫い止めます。
     あずきを入れる量の目安としてハガキ2枚ぐらいの大きさに約100g~150gぐらいです。
     後は、お好みで量を調整してください。

    使う場所によって大きさや形を変えてみましょう。

     

    基本的な使い方

    電子レンジで500w:1分から130秒、600w:1分ほどで温めてみた後に
    熱すぎず気持ちいいと感じる程度に10秒ぐらいずつ微調整をしてください。
    2分以上温めると、あずきが破裂したり発火や焦げる可能性もあるので要注意です。

    使う時には必ずカバーをつけるか、服の上から使ってください。
    温めすぎた時は、タオルを間に挟んで調整しましょう。

    150回程度、繰り返し使用可能
    *一回、温めたものは、4時間~半日ほど経ってから使用
     (あずきの中の水分が飛んでしまうので、破裂したり焦げる原因になる為)

     

    効率のよい温めポイント

    ・目の疲れ、ドライアイ・・・・目の上にのせる
    ・肩こり、首コリ・・・・・・・大きめのものを首すじから肩にのせる
    ・体全体・・・・・・・・・・・お腹や足の裏

  • 日記/お知らせ 2019年3月4日

    3月に入り花粉症が酷くなってくる時期となりました。

    そこで、今回は鼻詰まりに効くツボの紹介をしたいと思います。

    鼻の周りにある印堂(いんどう)、清明(せいめい)、鼻通(びつう)、迎香(げいこう)

    これらの、ツボをすべて覚えて刺激することはありません。
    使いやすいツボを使うもよし、鼻全体をこする様に刺激してあげるのもよいでしょう。

    私が一番お勧めする方法が

    このように、両親指の外側で鼻を上下にこする様に刺激してあげましょう。

    特に、迎香はくしゃみを抑えることもできるのでぜひ試してみてください