ページがありません

tel024-502-9783
営業時間:平日 10:00~19:00
※土日は18:00まで

日記/お知らせ

  • 日記/お知らせ 2020年7月20日

    最近、「昔にくらべて足が太くなったなあ」なんて思っている方はいませんか?

    もしかすると、その原因は”むくみ”かもしれません


    むくみは、血液中の水分が細胞からしみだして体のいろいろな部分に留まってしまいむくみになります

    そして一番、むくみやすい所は地球の重力の関係で足になりますよね (-。-;)

    そんなむくんだ脚をかまわないでおくと、セルライトが出来やすくなってしまいます

    セルライトはしみだした水分に含まれている老廃物や毒素が、皮下脂肪の組織とくっついて固まってしまう状態でほおっておくと頑固になり、なかなか解消できなくなってしまいます

     

    ですので、つもりつもったセルライトで足が太くなってしまいます(ノ_・、)シクシク


    解消法

    ・シャワーではなく半身浴→詳しい入り方
      40度前後で気持ち良くじんわりと汗がかける温度
      お湯は胸の下ぐらい
      10分~20分

    ・仕事の合間にストレッチなどで体(特に足首など)を動かす
      長時間、同じ姿勢をしない

    ・足裏や脚のマッサージ
      青竹ふみやボールなどで足裏を4~5分ほど刺激する
      足首から太ももまでのマッサージ

    ・塩分の摂り過ぎには注意


    いろいろありますが、毎日続けられることが大事ですので、簡単に日常の中で「これならできる‼」というものを取り入れてみるのはいかがでしょうか

     

     

     

     

     

  • 日記/お知らせ 2020年6月29日

     少しずつ気温も高くなり汗をかきやすくなる時期になってきましたが皆さんは、水分補給ちゃんとしていますか?

    お客様にお聞きすると大体コーヒーやお茶などトータルでも500㎖程度で一日が終わってしまうようです。

     これから、熱中症対策でスポーツドリンクを飲まれる方も多くなるかと思いますが水分不足は、身体に様々な影響を与えてきます。

    今回は、水分不足による影響をご紹介していきましょう。


    1.水分不足による身体の変化

     ・むくみやすくなる
     ・運動能力の低下(脚がつりやすくなる等)
     ・身体が重怠くなる、疲労が溜まりやすい
     ・頭痛

     これらに加え水分不足には、副次的に免疫力低下や高血圧助長などのデメリットが挙げられるそうです。


    2.1日の水分量

     1日どのぐらい水分が身体の外に出ているでしょうか?

    人間の身体からは、少なくとも約2Lもの水分が呼気や尿から体外に排出されています。

    そこに加え、仕事や運動による汗がさらに水分を奪っていきます。

     1日どのくらい水分を取ればいいの?

    通常生活を過ごす上で1日約1.5Lの水分を摂取しましょう。

    ここで注意していただきたいのがカフェインが入っていないものにしましょう

     ★適した飲み物
     ・水
     ・スポーツドリンク
     ・カフェインを含まないお茶(麦茶、ハーブティー)

     摂取するときは、なるべく常温で飲むと吸収率が上がり腸内環境も良くなります。
    (運動時は、冷たく感じる程度の物を補給しましょう)


     このアドバイスを元に実施されたお客様は、朝の倦怠感や足がつる事が無くなり体調も良くなったとおしゃっていただけました。

     大体の方が水分不足は年間を通して起こしています。夏だから冬だからではなくいつも水分補給を心掛けていただければと思います。

  • 日記/お知らせ 2020年1月20日

    ここ最近いろんなところで、サウナが体にいいと言う話を耳にしますが果たしてどんな良い影響があるのでしょうか?

    今回は、サウナの効果についてまとめていきます。

     

    ・サウナの効果

    1.血行促進
    2.疲労回復
    3.美肌効果

     1.血行促進
     サウナの一番の効果と言っても過言ではないでしょう
    サウナに入浴することで、身体全体が温められ自律神経が刺激され全身の血管が広がって血液の流れが良くなります
    これは、浴槽で入浴するよりも大きな効果が得られます

     血行促進されることで、「肩首こり.腰痛」「むくみ」「冷え症」等が改善されることがあります

     

     2.疲労回復
     血行が良くなると細胞一つ一つに新鮮な酸素がいきわたり、不要な二酸化炭素を回収してくれるので細胞単位で元気になることが出来ます
    また、入浴方法によっては幸せホルモンが分泌されリラックスや安眠効果も期待できます

     

     3.美肌効果
     サウナで汗をかくことによって、肌荒れや吹き出ものの原因である毛穴等の老廃物を身体の外に排出してくれます

     よくサウナにはダイエット効果があると思われがちですがそれは間違いです
     汗をかくことによって一時的に軽くなっているように見えるだけで水分を摂取してしまえば元に戻ってしまいます
    だからと言って、ダイエットにならないのかと言うとそんなことはなく、代謝が良くなれば平時でも汗をかきやすい体質になり運動時の効率アップが期待できるようになります

     

     サウナには、いろんな種類のサウナや入浴方法によって期待できる効果が変わっていきます。
    次回は、入浴方法についてまとめていきたいと思います。

  • 日記/お知らせ 2019年9月30日

     「正しい座り方」いまさら何を言っているんだと思われる方もいらっしゃるでしょう

    しかし、座り方がわかっていてもそれを継続できる方は少ないと思われます。

    かく言う私も、ちゃんと座れていない一人だと思います。

     そこで今回は、座り方を確認し少しでも日頃から意識できるようにまとめておきたいと思います。

     

    ・正しい座り方(姿勢)

    1.座っていて一番重要なのは、骨盤を立てることです
     立てるとは、どう言うことなのか
    それは、椅子に深く座り骨盤を地面に対して垂直にすることです。
    これにより、自然に背筋が真っ直ぐになり腰にかかる負担が減り腰痛緩和に繋がります
    2.アゴを軽く引く様にしましょう
     そうすることにより、背中が丸まることがなくなり猫背対策となります

    3.両足のかかとをしっかりと地面につける
     これが出来ていないとモモ裏やお尻などの血管を圧迫してむくみの原因になったりします。
     どうしても机と椅子の高さが合わないときは、足元に台等をおいて膝が90度になりかかとがしっかりと台につくようにしてあげましょう
    4.机とお腹の間はこぶし1つ分になるぐらいの距離にしましょう
     遠すぎると猫背になってしまいますし
    近すぎると窮屈感と共に首に負荷をかけてしまいます

     

    私もまとめながら意識してみましたが普段の座り方がいかに、だらしなかったのか考えさせられました。

     これらの事を日頃から少し意識するだけでも体は変わってきます。
    「そんな事」と思わずに実践してみませんか?

  • 日記/お知らせ 2019年9月16日

    最近では、女性だけではなく男性も気になる様になってきた「むくみ」についてお話ししたいと思います。

     

    ・種類

     むくみには、大きく分けて一過性のものと病気の症状としてのむくみの2種類があります。

    病気の症状としてのむくみは、長期的にむくむようであれば病院にご相談ください。

     今回は、一過性のむくみについてまとめていきます。

    ・むくみやすい人って?

    1.運動、睡眠不足・・・なんといってもこれ!血流が悪くなり足や顔がむくんでしまいます

    2.長時間の座りっぱなし、立ちっぱなし・・・重力によって足の方に溜まってしまいむくみの原因となります

    3.塩分の摂り過ぎ・・・塩分を摂り過ぎるとその分、水分も摂取しようとします

    4.代謝の低下・・・代謝が低いと血流が悪くなりむくみやすくなります

    5.ストレス・・・自律神経がみだれて血流やリンパの流れなどが悪くなります

     

    ・むくみを解消

     もちろん、上記の事を参考に生活習慣を見直すことでむくみを軽減することが出来ます。

    例えば、

     ・軽いストレッチや運動をしてみる

     ・湯船につかってリラックス

     ・寝る時、足を少し高くして寝る

     ・足や顔などの気になる所のマッサージ

     ・アルコールを控える  など

    少しのことで、むくみが解消されます。

     

    この、ブログでは過去にリンパについて、まとめたものがありますのであわせてご覧ください。