ページがありません

tel024-502-9783
営業時間:平日 10:00~19:00
※土日は18:00まで

日記/お知らせ

  • 日記/お知らせ 2019年9月30日

     「正しい座り方」いまさら何を言っているんだと思われる方もいらっしゃるでしょう

    しかし、座り方がわかっていてもそれを継続できる方は少ないと思われます。

    かく言う私も、ちゃんと座れていない一人だと思います。

     そこで今回は、座り方を確認し少しでも日頃から意識できるようにまとめておきたいと思います。

     

    ・正しい座り方(姿勢)

    1.座っていて一番重要なのは、骨盤を立てることです
     立てるとは、どう言うことなのか
    それは、椅子に深く座り骨盤を地面に対して垂直にすることです。
    これにより、自然に背筋が真っ直ぐになり腰にかかる負担が減り腰痛緩和に繋がります
    2.アゴを軽く引く様にしましょう
     そうすることにより、背中が丸まることがなくなり猫背対策となります

    3.両足のかかとをしっかりと地面につける
     これが出来ていないとモモ裏やお尻などの血管を圧迫してむくみの原因になったりします。
     どうしても机と椅子の高さが合わないときは、足元に台等をおいて膝が90度になりかかとがしっかりと台につくようにしてあげましょう
    4.机とお腹の間はこぶし1つ分になるぐらいの距離にしましょう
     遠すぎると猫背になってしまいますし
    近すぎると窮屈感と共に首に負荷をかけてしまいます

     

    私もまとめながら意識してみましたが普段の座り方がいかに、だらしなかったのか考えさせられました。

     これらの事を日頃から少し意識するだけでも体は変わってきます。
    「そんな事」と思わずに実践してみませんか?

  • 日記/お知らせ 2019年6月3日

    妊娠をすることによる身体の変化にともない、さまざまな不調が出てきます
    特に多いものをQ&Aで説明していきます

     

    Q:足のむくみが出るのは良くない?

    A:以前 むくみは、高血圧、尿たんぱくとともに妊娠中毒症の3徴候の一つとして、あげられ母子にとって危険なサインと考えられていましたが、現在では※妊娠高血圧症候群と名称が変わり、症状としてむくみだけでは現れないことから3つの徴候の中からからはずされています
     (※妊娠高血圧症候群→妊娠20週以降、分娩後12週まで高血圧がみられる状態
               ただし、尿たんぱくを伴う場合は重症に分類されます)

    血圧が正常でおしっこが普通に出ていればむくみは赤ちゃんが順調に発育している証です
    なので、全身にむくみが出なければ特に心配ありません

     

    Q:なぜ腰が痛くなる?

    A:赤ちゃんが生まれるために妊娠8週頃から『リラキシン』というホルモンの分泌により骨盤の靭帯がゆるみはじめます
    臨月から産後3週にかけては特に関節の可動性が大きくなるので、骨盤まわりの関節が不安定になり、結果的に腰痛や股関節痛の発症へつながると考えられています

     

    Q:妊娠すると頭痛になりやすい?

    A:妊娠中の頭痛は首から背中にかけての筋肉の疲労の為、血行不良による緊張型頭痛が多いようです
    お腹が大きくなることによって猫背になってしまい筋肉疲労やストレスでの悪化も考えられるので、体を緊張させることがないように体をリラックスさせましょう

     

    Q:なぜおしりや足が痛くなるの?

    A:お腹が大きくなってくると仙腸関節への負担が大きくおしりの筋肉が常に緊張している状態になるので痛みが出るようになります
    おしりや足の痛みは坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)と言われ、長時間座っていたりしておしりの筋肉の下にある坐骨神経を圧迫すると太ももの裏からふくらはぎ、かかとまでに痛みが走ることもあります

     

    Q:妊娠中の冷えは良くない?

    A:妊娠中の冷えは骨盤のゆるみが原因です
    骨盤のゆるみによって血流循環が悪くなり冷えが起こります
    冷えると便秘やむくみ、こむら返りの原因にもなりますので、しっかりとストレッチやヨガ等で体を動かして血流の流れを良くしましょう

     

    代表的な不調をあげてみましたが、身体のケアをすることによりこのようなマイナートラブルは軽減することができます
    出産までに身体を整えておくことは、母子ともに快適なマタニティライフを過ごし元気な赤ちゃんを産むことに繋がります

    当店では、マイナートラブルを和らげる為、筋肉を優しくほぐしながらリラックスできる癒しを提供しています
    産後の方には、骨盤調整なども行っております

  • 日記/お知らせ 2019年1月14日

    「猫背」
    皆さんは、この言葉を聞くたびに背筋を伸ばしていませんか?
    パソコンに向かっている姿勢
    スマホを眺めている姿勢
    寒い布団の中で丸まっていたり

    猫背が悪いのも分かっているのになかなか治らない
    そんな方が多いのではないでしょうか?

    猫背には、ただ姿勢が悪いだけではなく大きく分けて2つあります。
    1 肩こり、腰痛
     常に、不自然な態勢を維持していることによって肩や腰に負担がかかり疲れやすくなります。
    2 血行、リンパの流れ悪化
     身体中を循環している血やリンパの流れが悪くなり、太りやすくむくみやすい状態になってしまいます。
    他にも、様々な影響が出てきます。

    今回は、座っままできる猫背改善のストレッチを紹介したいと思います。

    ・座った状態で手を後ろで組み、下方向に引っ張ります。
    この時、なるべく肩甲骨同士が近くなる様に意識しましょう。

    ・この姿勢のまま、ゆっくり5秒数えましょう。

    これを、
    肩、腰が痛くなった時
    ご自身で猫背だなと思った時
    気が向いた時
     などに行ってみてください
    一番のポイントは、気持ちいい程度にやることです。

    他にもストレッチがありますが、まずはこのストレッチを続けてみてください。