ページがありません

tel024-502-9783
営業時間:平日 10:00~19:00
※土日は18:00まで

日記/お知らせ

  • 日記/お知らせ 2020年4月13日

     こんにちは、コロナウイルスにより自粛ムードが続いていますが「ただ家に引きこもっているだけ」だとなってしまうかもしれない病気をご紹介します。

     世の中的にいろんなことに自粛がかけられ家でじっとしていられる方も多いかと思います。
    もちろん、その行為はコロナウイルスに感染しないためにとても大切なことなので継続していただければと思います。
    しかし、その中でなっているかもしれない病気が自律神経調整症です。

     

     自律神経失調症とは、簡単に説明すると鬱病の一歩手前の精神病だと思って下さい。

    主な症状は
     身体的:頭痛、倦怠感、不眠、腹痛、下痢、食欲低下、肩こりetc
     精神的:気力の低下、集中力の低下、涙もろくなる、怒りっぽくなるetc
    などの症状があります。

     

    主な原因は、ストレスです。
     ストレスによって生活リズムが崩れ、睡眠不足、食事バランスが乱れたりすることによって起きたりします。

     ・自粛することによってやりたいことが出来ずイライラ
     ・普段より動かないので運動不足で夜、寝れない
     ・朝夜、決まった時間に寝起きしない
    これらの事が起き始まります。

     

    ならないためには、

     ・生活リズムを整える
      ↳寝起きの時間を揃える、決まった時間にバランスの良い食事を食べる、日光を浴びる(窓際で日光浴するだけでも違います)

     ・適度な運動をする
      ↳散歩やジョギングなどの軽い運動をする(なるべく人が少ない所、すれ違う時は距離を取る様にする)
        ラジオ体操などの全身運動を行う

     ・リラックスできることをする
      ↳これは、人それぞれです。ペットと遊ぶ、読書をする、DIYなどの物作りをしてみる、スイーツを作ってみる等様々です。

     

     出かける際は、マスクを着用し、帰宅後は手洗いうがいを忘れないようにしましょう。
     コロナに負けずに生活し、自粛解除後は元気に仕事や学校に行けるように今回紹介したことを実践していただければと思います。

  • 日記/お知らせ 2020年3月2日

    前回、サウナについてブログを更新しましたが、
    ある女性お客様から「サウナは、熱すぎて息苦しいです。岩盤浴ではダメですか?」このようなお話を頂きました。

    たしかに、サウナは設定温度が高く入っているのも大変な方も多いはず

    そこで、今回はサウナと岩盤浴の違い、岩盤浴の効能などをまとめていきたいと思います。

     

    サウナと岩盤浴の違い

      温度【一般的な平均温度】 入浴時間
    サウナ 80~100度 5~10分+休憩✖2~4セット=30~60分
    岩盤浴 40~50度 15~20分+休憩✖3~4セット=60~90分

     

    このように、温度差が倍ぐらいありますが入浴時間には、あまり差はありません。

     

    岩盤浴の効能

    基本的に、サウナと効能は変わりません。

    1.血行促進

    2.疲労回復

    3.美肌効果

    これらの効能に加えて岩盤浴は、使用している岩盤の種類によって様々な効能が追加されたりデトックス効果などが促進されたりなどの効果もありますのでお店にご確認下さい。

     

    このように、岩盤浴でも全く問題ありません。

    注意事項としてはサウナと同じく、入浴前後にしっかりと水分補給を忘れないようにましょう。

    ご自身が入りやすい、ご利用しやすい方を選んでいただけたらと思います。

  • 日記/お知らせ 2020年1月27日

    前回は、サウナの効果についてまとめていきました。
    今回は、入浴方法についてまとめていきます。

     サウナは、期待する効果によって入浴方法を変えることで効能を上げることが出来ます

     

     入浴方法をご紹介する前にまず、注意事項を説明します。
    ・入浴前後には、しっかりと水分を摂取するコト
    ・サウナ、水風呂などに入る前に汚れや汗を流してからはいるコト
    ・今回、紹介するのはあくまで目安ですのでご自身に合った時間や回数でご利用ください
    これらのことを注意して入浴しましょう。

     

     1.血行促進

     血行を良くしたい人には、「温冷交換浴」これがサウナでは一番基本的な入り方だと思います
    よく見る、サウナ⇒水風呂⇒休憩を1セットとし2~3セット行います

     ①サウナに入る 5~10分
     ②シャワーを浴びる
     ③水風呂に入る 1分
     ④休憩をする 5~10分

     

     2.疲労回復.リラックス

     疲れを取りたい方は、「低温浴」温度が60度程度の低温サウナに入りましょう
    これは、リラックスしていただきたいので長い時間ゆっくりとセット数もお好みで入浴していただいて構いません

     ①サウナに入る 15~20分
     ②休憩

     

     3.ダイエット

     ダイエット効果を期待したいのなら「反復浴」これは、細胞が活性化し代謝が良い身体へと変わっていきます
    水風呂には入らず体温を高い状態で保ち汗がかきやすい身体にしていきます
     サウナ⇒休憩を3~4セット程度行いましょう

     ①サウナに入る 10~15分
     ②休憩をする 5分

     

     ・水風呂

     水風呂は、冷たいから嫌だと言う方も多いと思います
    しかし、せっかくサウナに入ったなら水風呂も試してみては?
     サウナで広がった血管を引き締めて自律神経が整ってくれます

     ①手足などの末端からゆっくり入ります
     ②長くても1分ぐらいで上がりましょう

     絶対に無理はしないでください。水風呂がダメなら低温のシャワーを浴びましょう

     

     サウナは、少しずつ身体を変えていくものです。
     週1~2回を目安に続けてみて下さい。

  • 日記/お知らせ 2020年1月20日

    ここ最近いろんなところで、サウナが体にいいと言う話を耳にしますが果たしてどんな良い影響があるのでしょうか?

    今回は、サウナの効果についてまとめていきます。

     

    ・サウナの効果

    1.血行促進
    2.疲労回復
    3.美肌効果

     1.血行促進
     サウナの一番の効果と言っても過言ではないでしょう
    サウナに入浴することで、身体全体が温められ自律神経が刺激され全身の血管が広がって血液の流れが良くなります
    これは、浴槽で入浴するよりも大きな効果が得られます

     血行促進されることで、「肩首こり.腰痛」「むくみ」「冷え症」等が改善されることがあります

     

     2.疲労回復
     血行が良くなると細胞一つ一つに新鮮な酸素がいきわたり、不要な二酸化炭素を回収してくれるので細胞単位で元気になることが出来ます
    また、入浴方法によっては幸せホルモンが分泌されリラックスや安眠効果も期待できます

     

     3.美肌効果
     サウナで汗をかくことによって、肌荒れや吹き出ものの原因である毛穴等の老廃物を身体の外に排出してくれます

     よくサウナにはダイエット効果があると思われがちですがそれは間違いです
     汗をかくことによって一時的に軽くなっているように見えるだけで水分を摂取してしまえば元に戻ってしまいます
    だからと言って、ダイエットにならないのかと言うとそんなことはなく、代謝が良くなれば平時でも汗をかきやすい体質になり運動時の効率アップが期待できるようになります

     

     サウナには、いろんな種類のサウナや入浴方法によって期待できる効果が変わっていきます。
    次回は、入浴方法についてまとめていきたいと思います。

  • 日記/お知らせ 2019年10月14日

    日本人の冬と言ったらこたつと言う方も多いのではないでしょうか?

    かく言う、我が家にもこたつが早々と登場いたしました!

    今回は、そんなこたつに入るときの注意点をまとめていきたいと思います。

     

    注意点

    1.こたつでは寝ない

     こたつで寝てしまうとこたつの中と外の温度差で自律神経がマヒしてしまい乱れてしまいます。
     さらに、狭いこたつの中では寝返りをすることも難しく、寝ていても身体は十分に休むことが出来ずかえって疲れてしまうことになります。

     

    2.脱水症状の注意

     こたつの中は常に30度以上になっているため知らず知らずのうちに汗をかいて脱水症状になっていることがあります。
    「こたつにみかん」昔から馴染みのる描写だと思われますが、脱水症状を予防しビタミン補給もまかなってくれるこたつには、欠かせない果物だと思われます。
     また、脱水症状が進行すると血管からも水分が少なくなり脳梗塞や心筋梗塞等のリスクが高くなってしまいます。

     

     こたつに一度入ってしまうとなかなか出たくないものですが今回の、注意点に気を付けながら寒くなる日本の冬を乗り越えていきましょう。