ページがありません

tel024-502-9783
営業時間:平日 10:00~19:00
※土日は18:00まで

日記/お知らせ

  • 日記/お知らせ 2019年2月11日

    パソコン、スマートホンの使い過ぎで目が疲れた…
    運転のし過ぎで目が疲れた 頭痛までする…

    そう感じる方が多いのではないですか?

    今回は、そんな方のために簡単に出来る 疲れ目マッサージ をお教えしていきます。

    皆さんが目が疲れた時に良くやる目頭を押さえるポーズ 確かに、目の周りにもツボがありますが
    今回は首の周りのツボを紹介したいと思います。

    1.まずは、自分の頭を抱えるように手を沿えます。
     この時、親指を頭蓋骨のきわに力を入れずに置くことがポイントです。

    2.ゆっくり、少し上を見上げるように首を動かしていきます。

    3.あとは、ご自身が気持ちいいよう、動きたいようにゆっくりと動いてみてください。
     首の向きや角度によって感じ方が変わってくるはずです。

     もし動かしていて痛いと感じた時は、すぐにやめないでその痛みが痛快に変わる様なところを探してみてください。

     親指の位置を頭蓋骨のきわに沿って移動させるとまた違ったところに効いてきます。
    いろいろ、試してご自身が一番気持ちいい所を探してみてください。

  • 日記/お知らせ 2019年1月21日

    毎日、時間が空くとついつい使ってしまうスマートフォン
    長時間使って目の疲れや肩こり、首コリを感じる方は多いと思います。

    最近、よく耳にする「スマホ首」ですが、スマートフォンが原因で、首や肩の痛みが起こった状態を、
    正式には「ストレートネック」と言います。
    ストレートネックは
    本来、自然に曲がっているはずの首の骨が
    下を長時間向きすぎたために、常に脊椎が真っ直ぐになってしまう状態のことを指します。
    症状が進むと首の神経を傷め、頭痛、片頭痛、手足のしびれ、めまいなどを惹き起こすことがあります。

    これらの症状は薬では改善できません。

    まず、セルフチェックをしてみましょう。
     壁に背を向けて立ち、身体に力を入れずに“いつも通り”の自然な姿勢で
     「後頭部」「肩甲骨」「お尻」「かかと」
     この4点が無理なく壁にピタッとつくのが「正しい姿勢」です。

    軽度のレベル
     普通に立つだけでは壁につかないが、わずかな隙間や多少力を入れれば壁につく

    中度のレベル
     普通に立つだけでは後頭部がつかないが、頑張って力を入れれば何とか壁につく

    重度のレベル
     首と頭が大きく前に出ていて頑張っても壁につかない

     

    さて、いかがでしたでしょうか?
    「ストレートネックかもしれない」と思った方へ、自分でも出来る予防や対処法をお教えします。

    予防体操
     ・目をぐるぐる回す
     ・首や頭をほぐす様に、頭をぐるぐる回す
     ・肩・腕をぐるぐる回す

    対処法
     ・スマホを見る時に、顔を上げる
      顔の高さまでスマホを持ってくる
     ・出来るだけ枕を使わず仰向けで寝る
      首や肩の筋肉の緊張がほぐれ、こりや張りを防げる
      バスタオル等を丸めて首の下に入れる
     (首の下に入れた時にわずかに頭が浮くぐらいの高さになる様に)
     ・外出時にはリュックサックを使用する
      あるいはバッグを持つ手を左右切り替えたり、ショルダーバッグは肩に近い部分から斜めがけにする

    あまり、難しく考えず出来ることを思い出した時にやってみてはいかがでしょうか。

     

     

  • お客様の声 2019年1月10日

    男性 40代

    若いころから剣道をしており、いまでも週2回ほど稽古をし大会にも参加しています。
    そのせいか右手の指を曲げたり手首を返したりすると痛みがでていました。

    病院に行ってもテニス肘と診断され、湿布をもらうだけで
    湿布を張ってもあまり痛みは引かず、我慢しながら剣道を続けていました。

    今回、こちらで相談させていただくと
    指を動かす筋肉が肘下に繋がっていることや 肩付近にあった違和感の原因になっていること等
    を説明していただきました。

    そこで、自分で出来るマッサージや稽古前のストレッチ、テーピングの巻き方等を教わり
    稽古前に実際に行ってみると

    今まで痛かった指や手首が嘘のように軽くなっており、稽古後も違和感なく生活することができ
    とても良かったです。

  • 日記/お知らせ 2018年12月17日

    仕事中 首・肩が凝って辛い方も多いはず!

    そんな方には、仕事中にでもできる簡単にセルフマッサージをお教えします。

     

    ①気になるコリとは反対に首をかしげて伸びていることを実感しましょう。

    写真は右に傾け左の首筋(赤丸)が伸びているのを感じています。

     

     

    ②次に、伸びている方の肩を意識的に下げ首筋がさらに伸びていくのを実感しましょう。

     

     

     

     

    ③伸びている首筋をご自身で簡単に揉んだり引っ張たりしてみましょう。

    ポイントは、ご自身が気持ちいいようにしてあげることです。

    痛かったり辛かったりするとかえって、身体に力が入ってしまい逆効果になってしまいます。

     

    無理をせず、気持ち良いぐらいで行うようにしてください。